Loading...
バルトレックスを薦める医師

オススメ記事

ヘルペスの特徴

ヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルス1型または2型といったウイルスが感染したことによって起きる病気です。
ヘルペスの症状にも種類があり、性器ヘルペス・角膜ヘルペス・口唇ヘルペスなどがあります。
最初にヘルペスウイルスに感染したときには、高熱が出たり、リンパ節という場所が腫れたりといった、かなり大がかりな症状を呈することもあります。
その他の症状には、皮膚に水ぶくれのようなものができてしまいます。
角膜ヘルペスは目がゴロゴロしたり、涙が出たり充血したりします。
上皮型と実質型2つのタイプがあり、治療は抗菌薬を点眼や服用などです。
口唇ヘルペスはニキビなどと非常に似ていて、つい放置してしまいがちになります。
唇の上にニキビができることはないため、少しでも膨らむようになったらヘルペスウイルスを疑わなければいけません。
ヘルペスについて診察する医師また、口の周囲しかできないと思われていますが、咽喉などにも出来ることがあるため、これはヘルペスではないかと思ったら検査を受ける必要があります。
通常なら耳鼻咽喉科を受診するものですが、行くのが面倒だという人は、匿名で購入できるSTDチェッカーを使用して、ヘルペスの可能性を確認してみましょう。
性器ヘルペスは男女ともに発症しますが、特に女性の方が重い症状を起こしやすくなります。
ヘルペスウイルスは、ふだんは体のなかに潜伏しているのですが、身体的・精神的なストレスなどによって体の抵抗力が弱まると、いっせいに活動をはじめてこのような症状をもたらすのです。
ふだんは潜伏しているというのは、実は一度感染してしまうと、治療をしてもふたたび何らかの拍子に発症を繰り返してしまうでしょう。
ヘルペスは何もしなくても数週間で自然に治癒する場合もありますが、やはり痛みなどを我慢するのは得策ではありません。
水ぶくれの部分がただれてしまい、あとが残ることもあるのでバルトレックスの様な抗ウイルス薬で治療するのが一般的です。

ヘルペス治療に効果的なバルトレックス

説明をする女性医師バルトレックスは、イギリスの大手製薬メーカーとして知られているグラクソ・スミスクライン社が開発したヘルペスの治療薬です。
バラシクロビル塩酸塩が主成分であり、単純ヘルペスウィルスや水痘・帯状疱疹ウィルスに効果的です。
ヒトに感染したヘルペスウイルスは、体内の細胞に自己の遺伝子を無理やり割り込ませてコピーをつくらせ、コピーが終わると体内に散らばり、ウイルスがどんどん増殖するように仕向けます。
バルトレックスには、この遺伝子のコピーの過程ではたらく酵素の一種だけをターゲットとして、そのはたらきにストップをかける役割を果たすことが可能です。
このため、バルトレックスを服用すると、もはやウイルスが増殖できなくなってしまうため、ウイルスが原因となっていたつらい症状が改善されるのです。
バルトレックスには、症状を直接的に治療するといった効果・効能のほかにも、ヘルペスウイルスが増殖しヘルペス再発を防止するといった効果・効能があります。
バルトレックスは他の薬剤と比べ副作用は少なく安全な薬と言えますが、下痢や便秘などの消化器系症状の副作用も報告されているので、その場合は直ちに医師に相談してください。
薬を処方されたらなるべく早く服用し、服用中はなるべく水分を多めに取りましょう。
アナフィラキシーショックの様な状態に陥ったり、腎不全を引き起こしたなどの報告もあるので十分注意して服用してください。
薬の飲み合わせによっても副作用が出やすいものもあるので、かかりつけの医師に1度相談することをおすすめします。

ヘルペスウイルスに耐性を持たせないために

薬を持つ手バルトレックスを服用するときには、原因となるウイルスがなくなるまでの一定期間服用し続ける必要があります。
これを行わないとウイルスがまた増殖してしまうだけではなく、バルトレックスに耐性があるウイルスになってしまいより厄介な事態を引き起こしてしまうこともあります。
そうした耐性ウイルスの発生を防ぐためにも、服用し続けることは必要不可欠となっているわけです。
もしもバルトレックスに耐性ができたウイルスが体内で発生してしまった場合には対処方法がどうすればよいのでしょうか。
自分の体質を改善したり自分の生活を見つめなおしてヘルペスの原因となっている要素を抑制するようにすることが求められます。
同時に、別の成分が入ったヘルペスウイルスに効く医薬品を処方してもらい、自己判断で服用をやめずに最後まで飲み切るようにすることが大事です。
医師の指示に従わないで服用していくと、このようにヘルペスウイルスに耐性がつく可能性が高まってしまいますので間違った服用方法での服用はやめておくようにします。
ヘルペスの特徴としては、治ったとしてもすぐに再発しやすいという点がありますので、症状が治まって服用をやめたとしても再発する可能性が常にあります。
ウイルスそのものを抑制する再生抑制方法と呼ばれる方法もありますが、それでもヘルペスは起こりがちです。
ですので、こうした病気と上手く付き合いつつできるだけ再発しないように心がけておくほうが望ましいといえます。
もしも分からない点などがある場合には医師の相談を行い、きちんと状況を把握しておくことが大事といえます。
またヘルペスで病院に行くのが恥ずかしい、病院には行きたくないと言う人はバルトレックスは通販でも入手可能なので覚えておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る